井の頭池日記~2014,1,27

井の頭公園の池のかいぼり

この土日で大々的に行われました

けれど、池の活動はかいぼりばかりではなく

外来魚駆除と在来魚の保護を中心に

日頃から行われています。

今回のかいぼりでは、池の本来の姿を取り戻す為に、増えてしまった外来魚を捕獲処分しなければならず、
人の手によって池に放されたが為にたくさんの命を奪わなければならなくなってしまいました。

私も初っぱなに 1メートルを越えるくらいの ソウギョを捕まえましたが、その一方で
わずか1センチにも満たないヤゴやエビ、ハゼ類の魚を保護しながら、
同じ命への矛盾も感じていました。

井の頭公園には、水の神様である
弁財天があり、そのなかには
放生供養の碑があります。

ちょっと意味合いは違うのかもしれませんが、人の身勝手で天に登っていった子たちのために、
きょうはお参りしてきました。

弁天池は、選別されて助かった子たちで溢れかえっていて、ちょっと窮屈そう…。

あとは弁天様に守っていただけますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です