井の頭池日記~2015,6,23

ブルーギル駆除

昨日は 井の頭池の特別活動日
普段の活動ではなくて、ブルーギルの手釣りをやらせてもらいました。

活動を始めて1年半経ってからようやく初めて釣りを経験させてもらい、
ベテランの先輩方のお仲間に入れていただいての
手釣り駆除に参加させていただけました。

数時間で100匹は釣る先輩方の中で、
1人だけ 10匹とかじゃ申し訳ないなぁ。。。と
結構心配していたのですが、
結果 66匹釣れましたp()q

…なんて、実は 喜ぶことではなく、
初心者の私ですら そんなに釣れるという
危機的状況に 井の頭池があるということなんです。

去年のかいぼりで大型の外来魚を駆除し、
水草が生え、透明度が増し、在来生物も、徐々に
増え始めていますが、
天敵のブラックバスが減った為に、
ブルーギル や アメリカザリガニ の大繁殖が
起きているのです。

これは、在来生物が住めない環境を再びもたらす
事に繋がり、
少しでも数を減らそうという
地道な抵抗なんですよね。

大きな解決の為には、
今年の冬の2度目のかいぼりに期待しなくてはなりませんが、それまでに在来生物を守らなくてはという
活動の一環です。

ブルーギルの数が増えれば、在来魚の卵や稚魚が食べられ、他に何もいない池になってしまうのです。

井の頭池での許可無くの捕獲は、
禁じられているので、
池の環境に興味のある方は是非、かいぼりや 日頃の活動に参加して
みて下さいね〜♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です