吉祥寺の街の歴史にも関わりの深い人~「小畠廣志」展

吉祥寺美術館「小畠廣志 木に呼ばれる」展 只今開催中

不思議な木の彫刻の写真が目を引くリーフレット、

なんだかちょっと気になる吉祥寺美術館で開催中の展示ですが、

作者の小畠廣志氏は、吉祥寺にゆかりのある彫刻家です。

と言っても若い世代の方にはあまりピンとこないかもしれませんが、

この方の作品は、武蔵野市民ならきっとかなりの方が良くご存知ではないかと思います。

「子ども平和像」

武蔵野総合体育館のバス停前にある、母と子のブロンズ像「子ども平和像」は目にしたことがある方もきっと多いとはずです。

こちらの作品の作者が 小畠廣志氏です。

この像は見たことあるけど、作者がどんな人か知らなかった方も多いのでは?

同じく武蔵野総合体育館の入り口左手にも

 

「勝利」と書かれたこんな像も

これも 小畠廣志氏の作品です。

そして 吉祥寺人として見逃せないのが

吉祥寺南口駅前「花の精」

吉祥寺南口駅前にある井の頭会館ビルの一角にある「花の精」のブロンズ像

長い間ここにあった本屋さんの入り口に鎮座していた姿は、まだ記憶に新しいと思います。今も変わらずここにあるのですが、

カフェに変わってからは、入り口の場所と少し離れてしまったので、なんだか目立たなくなってしまいましたね。

この「花の精」のブロンズ像は、1974(昭和49)年にこちらに設置されました。

 

そして、吉祥寺の歴史において、1974(昭和49)年という年は、

かつてあった、「東京近鉄百貨店」がオープンした年でもあります。

現在はヨドバシカメラ吉祥寺店となっている場所です。

東京近鉄百貨店、幻のユニコーン

ここに近鉄百貨店がオープンした当時、シンボルとして店頭に噴水が作られたのは覚えていますか?

この噴水の中央に座していたユニコーン像が、小畠廣志氏の作品でした。

残念ながら吉ロコはこの写真を持っていませんが、

今回はそんな懐かしい写真も吉祥寺美術館の会場内に展示されているのです。

他にも、北町にあるケヤキコミセンの庭にある像もそうだというので、

改めて見に行ってみることにしました。

ケヤキコミセンの庭の像「花」

…のですが、

残念ながらただいまケヤキコミセンは改装中

http://www.city.musashino.lg.jp/shisetsu_annai/shisetsu_bunka/community/1000619.html

2020年1月31日まで休館でした。

何度も目にしているのですが、作者を気にしていなかったので、改めてもう一度見てみたいと思います。

どうしても気になる方はこちらをご参考に。

http://keyaki-c.com/machi/bijutu.htm

さてさて、これらの作品のお話をじっくり聞けそうなツアーがありますよ

http://www.city.musashino.lg.jp/koho/pressrelease/press_h31/pressrelease201907/1024412.html

8月31日開催のツアーは、17日土曜日の10時から受け付け開始!

まだっ間に合いますね。

さてさて、

吉祥寺になじみの深い彫刻家「小畠廣志」展、是非足を運んでみてください。

新しい発見があるかもしれませんよ。

 

会期中はほかにも関連イベントも行われています。

「スペシャルトーク」

「野外彫刻ミニ鑑賞ツアー」

「ワークショップ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です