「かいぼり」タグアーカイブ

井の頭公園の池の水草の正体は?

水面に揺れる水草が美しい井の頭公園の池

最近話題になっている井の頭池の様子ですが、

数年前の池とは全く違う幻想的な風景が広がっていますね。

 

この大量の水草は、2014年1月から行われた「かいぼり25」の後に突如として ボート池 に現れたもので、

透明度がよみがえり 池底に光が届くようになったこと、

池底の泥をかき回してしまう鯉を 仕切りを付けた弁天池に移動させたこと

などが眠っていた埋土種子を目覚めさせたのではないかと思われます。

その後全3回のかいぼりを経て、今年のこの幻想的な景色が見られるようになったのでしょう。

え?イノカシラフラスコモじゃないの?

ところでこの藻、なんていう藻だか知っていますか?

「イノカシラフラスコモが60年ぶりに復活」というニュースが大きく取り上げられましたが、かいぼり後に復活した藻は実はほかにもまだいくつもあるんですよ。

そもそも、イノカシラフラスコモという藻は40~50㎝ほどの丈しかないので、水深のある井の頭池の底にあってもなかなか見えるものではないはずなのです。

これは以前かいぼり報告会が開催されたときに会場に展示されていた「イノカシラフラスコモ」です。画像が悪くてごめんなさい!

60年ぶりに復活したイノカシラフラスコモの説明は、以下URL東京都のサイトをご覧ください。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/06/20q6n200.htm

 

…それじゃあこの藻は何なの?

長~くのびた「ツツイトモ」

この藻の正体は なんと「ツツイトモ」という藻なんです。

井の頭池の池底は水深が約2mほどあるので、これはかなりの長さがあるのではないかと思われますね。よく見ると水面に、5~7㎜ほどの小さな黄色っぽい花を咲かせているのがわかります。

葉の付け根にある、托葉という部分の縁が合わさって筒のようになるので、ツツイトモと呼ばれるらしいですよ。

調べてみたら、過去には 2011年8月に皇居の二重橋のお堀で大量発生して話題になったみたいですね。

このツツイトモは、レッドデータブックでは最も絶滅の危険度の高い絶滅危惧IA類に分類されている貴重な藻なのだそうですよ。

…そんな藻が池を覆いつくすほど生えているってなんだかすごいですよね~。

さて、藻が何なのかわかったところでもう1つ…

イノカシラフラスコモって 何でフラスコモっていうの?

そこ、なんか気になりません?w

なので調べてみました。

ご興味のある方は、こちらのサイトをご覧になってみてください。

http://mcc.nies.go.jp/Chara2006/chara-4.html

上記サイトから引用

「フラスコモ属の仲間は日本には約50種類生息するといわれている。しかし他にも分類学的な判断が難しいものが数多く知られており、正確な数は明らかではない。
フラスコモの属名は生卵器の形がフラスコに似ていることに由来する」

なんだそうです。

確かに、理科の実験で使うフラスコに形が似ている気がしますね!

季節の移り変わりとともにこの藻も自然に消えていき、

来年またこの景色が見られるかどうかは神のみぞ知る…世界になりそうなので、

是非この機会に見に行ってみてはいかがですか?

井の頭池かいぼり〜2018,1,16

今日は弁天池

水が抜けずにかなり残っている状況

広い範囲に水が満ちているので、魚たちはどこに隠れているのか魚影すら見えず…..

で、探りながら池中を探してたどり着いたのは

前のかいぼりのときにも 鯉たちが逃げ混んでいた白鳥デッキ下でした。

分園の白鳥デッキは、普段はギリギリまで水が満たされていますが、
この下に入り込んで、たも網で探ります。

エビが大漁!

なんとびっくり!

網を横にスライドさせただけで、たくさんのエビがたも網の中に入ってきました。それをみんなで何度も繰り返していたら、

テナガエビ、スジエビが大漁すぎて、カウントが大変!!!

「もう、えび禁止〜💦」ってジョークが飛び出す程でした(*^^*)

1回目のかいぼり前にはほとんど見る事が出来なかったこのエビたちが、こんなに増えているのは嬉しい限りです💕

対して根絶したい外来種のブルーギルの稚魚もエビに紛れて獲れていました。
次回のかいぼりがまだ決まっていない今、できる限りのブルーギルは獲り尽くしたいところです!

お昼前からみぞれ交じりの雨がふり、
来週には雪の予報も…。

少なくなった水に残された生き物が凍ってしまう前に
また、干からびて死んでしまわないように
何とか助けてあげたいとみんな一生懸命に頑張っています。

ウェダーがまた水漏れして左足が水浸しになり、
家までこの いでたち で帰って来ました
激寒だから 着ぶくれてパチパチ〜www

井の頭池かいぼり〜2018,1,16

平日だってかいぼり作業

休日の人出とは打って変わって静かな井の頭公園

それでも

今日のかいぼり作業は、
平日にもかかわらず 思いの外たくさんの参加者で盛り上がりました!

自然文化園の若い職員さんがいっぱい来てくれて、ものすごい若いパワーを発揮し、

かいぼり隊の方々は、
この時期 一番の活躍の場なので、この日に合わせて有給をとっていらしたりw…

体のなまりきった私などは、ほぼ戦力外(笑)

それでも家に帰って来たら
全身筋肉痛がやってきたのですが、今日中に筋肉痛が来るなんて、これ 若い証拠かな?www〜♪

晩ご飯に頂き物の佃煮を出そうと思ったんだけど、ん〜
…ハゼ・・・かぁ…(*⁰▿⁰*)

さっきまで救出していたクロダハゼの山みたいだなこりゃ…….

今日はやめとこうかなぁ〜💦
(笑)

明日は雨みたいですねぇ〜

井の頭池日記~2018,1,14

井の頭公園開園100周年の為の企画、3回目のかいぼりが昨日の13日から始まりました。

http://news.livedoor.com/article/detail/14153215/

http://www.yomiuri.co.jp/eco/20180113-OYT1T50054.html

昨日はかいぼりイベントとして、子供たちが参加。ニュースでも報道されましたが、

浅くなった池の泥の中からお魚の救出を行いました。

1回目のかいぼりでは、ほとんどが外来魚でしたが、2回のかいぼりで外来魚が減り、

昨日の捕獲結果は

在来種が1670匹、外来種が311匹という結果でした。

今日もまた お魚救出イベントがあったので結果は明日あたり発表になると思います。

楽しみですね!

皆様お疲れ様でした。

ちなみに、私も池に入っているので、イベントの写真は撮れませんでした(^^;)

井の頭池日記~2016,1,23

かいぼり1日目 無事終了しました〜。

み、水があったかい〜(笑)
ドロドロの用具を洗いながら水道水があったか〜い
って感じちゃいました。

でも、きょうは寒いという割には 風がなかったおかげで
体感温度はいつもより全然
楽ちんだったんですよ(*^^*)

自分が池に入っているから
写真がない(笑)
お昼休みに撮ろうと思っても、展示も混み混みで撮れないし…(^_^;)

きょうは 一般募集の
1日お魚レスキュー隊の親子が、午前と午後合わせて120名も来てくれました。
募集開始わずか40分で定員になったというプレミアムチケットを手に入れた皆さん…。

私達は、そのサポートだったので、ほとんど魚を触ることはありませんでした。

陸近くで安全にお魚が獲れるように、池の深みでバシャバシャやってお魚を追い込み続ける役…(^_^;)

子供に大きな鯉をとらせてあげようと、無理な体勢から追い込みをしたので、
本日も 水没致しました…。

午前中から家に帰るまで
お腹〜腰にかけて ドロドロビチョビチョ…。
そんなことにも、もう全く動じなくなりました。

我ながらたくましい(*^^*)♪

お昼には
吉祥寺ライオンズクラブとJC
の皆さんが あったか〜い豚汁をふるまってくださり感激でした。

たくさんの方々が それぞれの役割で参加され、
力を合わせてかいぼりが成り立っています。

井の頭公園を愛している人が
こんなにたくさんいるのは、
ほんとに嬉しいし、
素晴らしい街だなぁ〜と改めて感じます

明日もどうぞよろしくお願いいたします(*^o^*)♪

井の頭池かいぼり〜2016,1,16

在来種保護

井の頭池のかいぼりで最も大事だと思うのは 生き物の救出作業

外来種の駆除ももちろん大きな目標ですが、それと二本立てで大切なのが在来種の保護です。

池の水が引いて酸欠にならないうちに、鳥たちのたらふくご飯にならないうちに、できるだけたくさんの生き物たちを救出しなくてはなりません。

きょうは良いお天気でしたので、寒さも和らぎ
池の作業はだいぶ楽でした。

お茶の水池では、だいぶ水が抜けてもうすぐ干上がりそう

こっちの水抜きも順調…。

普段は穏やかな池の水が、神田川になっていく流れとしての様子が池の中にもあらわれました。もはや池が川みたい…。

さて、お魚救出のタイミングです。

…が、

前回のかいぼりでは沢山いたはずの生き物達が、ほとんどいない…。???

 

鳥が増えたから、ご飯になっちゃったのかしら?

それとも、神田川にながれちゃった?

何だか すごく不思議…。

そんな中、
水鳥たちは せっせと獲物を捕獲中でした。

池の中の浅瀬を歩きながら魚をさがしています……

アオサギさんも動きを止めて水面に注目

こちらも 歩く歩く…池底を(*^^*)

そして カラスまでもが池を除き込んで何やら狙ってるw

これだけ水が減ったら
鳥達には大チャンスですね〜

イマイチ美味しくなさそうだけど、食べるならできるだけブルーギルをたくさん食べておくれ〜!

池の水抜き

さてさてこちらは池の中を1人勇ましく
「みおすじ」を掘る人…。水を導くための水路を掘っているのです。

お疲れ様です。
こうして水の通り道を掘らないと、あちこちに水たまりだけができて水が抜けないんですよね〜。

いやいや、去年スコップ持ってやりましたが 翌日の筋肉痛ハンパないんですこれ!

こうして重たい水を含んだ泥を掘った道に、また水が導かれて排水が進みます。

お茶の水池はほとんど水が無くなりました。

ボート小屋のデッキもこんな感じ……

そして干上がった泥の上にも、またまた楽しいドラマが
あるんですよ‼️

これはな〜んだ(*^o^*)

…カメの足跡ですよ〜!

本当だったら冬眠している時期なのですが、ただ事ではない騒がしさに眠ってもいられないのでしょうね。寒いのに気の毒ですが、こんな足跡を見れるのも楽しいですね。甲羅のお腹を引きずっているのでギザギザの2本のレールみたいです。

こちらは水鳥….サギですかね?

大きいのは人の足跡でしょうかWWW

まだまだいろんな足跡があるので、じっくりみつけてね!
橋の上からもよーく見えますよ〜(*^o^*)♪

井の頭池日記~2016,1,13

朝早くから時間ができたので

井の頭池(*^^*)

きょうは寒い〜(°_°)
めっちゃ 着ぶくれて、まん丸でした(笑)

 

かいぼりに向けて 水がなくなり、干上がりそうな魚の救出作業をしました。

どう見ても池の掃除みたいなので、
お掃除して下さってありがとうございますー♪
って大抵言われるのですが、
最近は報道効果か、
外来魚駆除大変ですね〜(*^o^*)と
声をかけてくださる方が増えました。

寒い中 頑張ったおかげで、
このまま干上がって死んでしまったかもしれない
小さな生き物達がたくさん獲れましたよ♪

(井の頭かんさつ会さん きょうの捕獲・展示の写真)

数種類のトンボのヤゴたちは、落ち葉の下に隠れているのですが、水が干上がったら死んでしまいます。

日本スッポンの赤ちゃんも隠れました。

きょう1番楽しかったのは、
足首位までの池の水面を 静かにじ〜っと見ていると、
ぽちゃんって波紋が広がることがあり、
そこに狙いを定めて サッと網を入れると 、魚や ザリガニ、エビ、などが必ず捕まるんですよね。
まるで自分がコサギやアオサギなどの鳥になった気分でした(*^^*)♪

寒さも忘れて楽しんでいたのですが、
やっぱり冷えたんですね〜。

体痛いし さむさむ…。

あったか〜いお風呂に早く入りたいなぁ〜♪( ´▽`)

かいぼりpart2は
いよいよ来週末。

23,24日は井の頭公園にGO

井の頭池日記~2015,6,23

ブルーギル駆除

昨日は 井の頭池の特別活動日
普段の活動ではなくて、ブルーギルの手釣りをやらせてもらいました。

活動を始めて1年半経ってからようやく初めて釣りを経験させてもらい、
ベテランの先輩方のお仲間に入れていただいての
手釣り駆除に参加させていただけました。

数時間で100匹は釣る先輩方の中で、
1人だけ 10匹とかじゃ申し訳ないなぁ。。。と
結構心配していたのですが、
結果 66匹釣れましたp()q

…なんて、実は 喜ぶことではなく、
初心者の私ですら そんなに釣れるという
危機的状況に 井の頭池があるということなんです。

去年のかいぼりで大型の外来魚を駆除し、
水草が生え、透明度が増し、在来生物も、徐々に
増え始めていますが、
天敵のブラックバスが減った為に、
ブルーギル や アメリカザリガニ の大繁殖が
起きているのです。

これは、在来生物が住めない環境を再びもたらす
事に繋がり、
少しでも数を減らそうという
地道な抵抗なんですよね。

大きな解決の為には、
今年の冬の2度目のかいぼりに期待しなくてはなりませんが、それまでに在来生物を守らなくてはという
活動の一環です。

ブルーギルの数が増えれば、在来魚の卵や稚魚が食べられ、他に何もいない池になってしまうのです。

井の頭池での許可無くの捕獲は、
禁じられているので、
池の環境に興味のある方は是非、かいぼりや 日頃の活動に参加して
みて下さいね〜♩