「かいぼり」タグアーカイブ

井の頭池日記~2015,1,21

うぉ~~~!今日は寒いぞ~~~~!!!

久しぶりの井の頭池の活動日
…中止の連絡はない…。
まあ、普通にやるんだろうな…と
集合場所に行くと、来るわ来る来る
(  ̄▽ ̄)
みんな来たよ~~(* ̄∇ ̄*)

雪降ってんのに、みんなやる気か
~(*^^*)

と言うわけで、きょうも池に 入りました

毎年、御茶ノ水の暖かい地下水に
ブルーギルが集まってくるので、
ここは冬の捕獲ポイント…なのですが、
今年はなぜか いない…。

これもかいぼり後の池の変化のひとつ。

メガネ橋の下に入ってお茶の水側に追い込む。
天井が低いので、出てくるとクモの巣まみれになってたりする(^_^;)

きょうも天井からクモさんが顔の上めがけてやって来たけど
両手には追い込み網、
この手を動かしたらギルに逃げられちゃうよね~( ̄ー ̄)…はい、どうぞお好きなようにー。
ということで、顔の上横断されましたw

毒とか ないよね…きみ。(  ̄▽ ̄)

成果はやはり悲しい感じ。

次のポイントは、この冬からできた新しいポイント、
狛江橋の土嚢のすきま。

ここではきょうも400匹ほどとれました。

またまだ闘いはつづくのでした!

う~~~さぶっ(T_T)

井の頭池日記~2014,6,18

きょうの井の頭池の様子は…。

まず、ザリガニが減りました~
しかも劇的に!!!!
前まで100匹はとれていた場所でも
きょうはわずかに10匹。

そしてワナにかかる常連さん
イシガメの子の一太と

でかドジョウのたぬき

あとは、ナマズ、ヌマチチブ
久しぶりにトウヨシノボリ
も入っていました。

そして残念なことに

ヒメダカの稚魚が
親メダカと一緒に
悠々と泳いでいました。

池に本来いた めだかではないので
誰かがまた放したんですかね~。

あれだけ 大がかりなかいぼりをしたばかりなのに、
いまだに勝手に放流する人がいるのは 困りますね…。()

ちなみに
犯罪になりますので、
お巡りさんに捕まりますよ…

特定外来種の場合は
罰金か、懲役刑です

そうそう、
吉祥寺駅に出没したアナグマのことも
きょうは話題になりました

(井の頭かんさつ会池の保全活動今日の生き物展示を写真に撮りました)

井の頭池日記~2014,6,4

井の頭池の活動に参加できました(*^-^*)

ザリガニの大量発生はとどまるところを知らず、きょうの活動はザリガニ中心で終わってしまいました。

仕掛けてあるかごワナを一基ずつ上げて中身をチェックし、
とれたザリガニを取り出します。

きょうの時間内だけで、
80匹も捕れました。それでも
池の中の足元を 悠々と歩いていたりして…。

さらに新しくワナを仕掛け
池の中は、かごだらけになっています(^_^;)

さて、ボート池の方では
職員のかたが何やら作業中。

実はこれ、池で久しく見られなかった 子育て中のカイツブリの巣を
保護する為のガード作りだそうです。

ボートからカイツブリのショットを撮りたくて、接近しすぎて衝突…。
なんて事が起きているようです。

写真に撮りたい気持ちもわかりますが、どうぞ お静かに見守ってあげて欲しいですね~。

かいぼりの成果はいろんな形で現れ始め、きょうは子供のナマズもワナにまぎれこんでいました。

モツゴの稚魚も群れをなして泳ぎ、

鯉の被害がなくなった池の水は
綺麗に澄んでいます。

今までとは違った情況の中、
季節が どんどん移り変わっています。

井の頭池日記〜2014,2,23

井の頭池かいぼり

本日も、井の頭池でした。

午前中は池の中のゴミひろい…

午後は泥に埋もれて、
排水のための道づくり…

池の中に腰まで浸かって
泥をかき出していました。

池の中には、結構尖ったものがあるのか、
着ているウェダーは今日もまた破れて穴が開き、浸水….

左半分、ももまで水が入って来てしまったので、ちゃぷちゃぷしながら帰りました~(* ̄∇ ̄*)

タイワンシジミ発見!

お茶の水前で
明星の生徒たちが地質調査をしていたので、見ていたら

生徒が拳銃らしきものを発見!?

お巡りさんを呼ぶ騒ぎになっていましたが、
1メートル先の拳銃よりも、

私は
タイワンシジミの殻らしきものがたくさん落ちている方が気になり、
ひとりで違う方を向いてひたすら手に取って観察…。
おっ、干からびてるけど中身が入ってるぅ~(*^O^*)
ラッキー~(* ̄∇ ̄*)
と、ひとりで貝殻とたわむれていました。

拳銃らしきもの、
昨日違う場所で 私も見つけんだけど
重いから本物?と思いつつも廃棄ゴミにポイしてしまいました。
ん~…、絶対おもちゃだよね…(^_^;)

 

井の頭池日記〜2014,2,23

かいぼり最終日

かいぼり最後の日

池底ツアー

井の頭観察会主催の、池の底を歩くツアーに
お客さんとして参加させていただきました。

普段ウェダーを着ているので
カメラを手にしている機会がなく
池の中からの写真を 初めてとりました。

オオタカの食事跡

浮島には、オオタカの食事の跡があり、鳩の羽がいっぱい落ちていました。

普段水の中に完全に埋まってしまっている木の幹や、根っこの様子

新しく作られた埋土種子を発芽させるための槽

浄化装置の様子なども見せていただきました。

池の底からの景色は、
普段見ている目線より はるかに下で、
しかも凹凸のないまっ平らな世界…。

この池の底がこんなだったとは
なんか不思議な感じです。

この次の かいぼりの時は、
また違った景色になっているのでしょうか?…。

…そして
明日からはもう水が入ります。

徐々に増えていくとはいえ、
底が見えなくなるのは
きっとあっという間なのでしょう…。

わずか一月あまりの
ワクワクな時間も幕を閉じます。

けれども、実はここからが
また
始まりなんですよね…。

井の頭池日記〜2014,2,21

井の頭池かいぼり

きょうは
井の頭池のゴミひろいをしました。

…泥に埋まった自転車を引き上げようとしたけど、さすがに無理でした…(^_^;)

大物は業者さんに任せて
バケツを持って、小物拾い。


クラシックな瓶や劣化した缶、
いろんなカード類、携帯電話、
ライター、お茶碗、湯飲み、おちょこ、ウルトラマンのフィギュア…

まぁ~いろんなものが次から次へと…。

中には大きな毛布…ドロドロでおもくって持ち上がりませんよ~(* ̄∇ ̄*)

コートを掘りあてて、ひっぱってみたら、携帯電話がきれいなまま出てきて、しかもやたら中身が重い…。
結局、砂利が詰まっていたのだけど、
あー、なんか嫌なもの掘ってたらどうしよう…と不安になりました…(^_^;)


池の底にあったのは
人の汚い心…だったんですね。

井の頭池にも、
金の斧…銀の斧…の女神様が
いたらいいのに…。

さて、明日もゴミひろい
続きます!

井の頭池日記~2014,1,29

きょうは、日曜日以来の
井の頭池の活動日でした。

かいぼり池の真ん中にたまっている水がなかなか抜けず、
周りのヒタヒタの所で 
小魚や、エビ、ヌマチチブ(ハゼ類)などの救出
という地道な作業…。

それでもテナガエビを100匹ぐらい
と、モツゴや、小さなヤゴも
見つけることが出来ました。

池の真ん中に「みお筋」…水を導く道を
物凄い苦労して作って下さっていたのですが、
それを眺めていたら

突然鳩の群れが羽ばたき、見上げるとオオタカが鳩を追っていました。

見事な狩りで、
その行く先を追って写真に納めた仲間に見せてもらうと
鋭い目で食事中でした。
かっこいい~!

都会の中にある井の頭公園にも、
こんな野性的な姿があるのですね!

いろんな姿を見せてくれる
井の頭公園…連日の報道のおかげで、沢山の人がかいぼり見物に訪れています。

捕まえた魚たちの展示もしているので、是非ご覧になってみてください。

写真はかいぼりの展示コーナーで、捕れた魚を展示していたものです。

井の頭池日記~2014,1,27

井の頭公園の池のかいぼり

この土日で大々的に行われました

けれど、池の活動はかいぼりばかりではなく

外来魚駆除と在来魚の保護を中心に

日頃から行われています。

今回のかいぼりでは、池の本来の姿を取り戻す為に、増えてしまった外来魚を捕獲処分しなければならず、
人の手によって池に放されたが為にたくさんの命を奪わなければならなくなってしまいました。

私も初っぱなに 1メートルを越えるくらいの ソウギョを捕まえましたが、その一方で
わずか1センチにも満たないヤゴやエビ、ハゼ類の魚を保護しながら、
同じ命への矛盾も感じていました。

井の頭公園には、水の神様である
弁財天があり、そのなかには
放生供養の碑があります。

ちょっと意味合いは違うのかもしれませんが、人の身勝手で天に登っていった子たちのために、
きょうはお参りしてきました。

弁天池は、選別されて助かった子たちで溢れかえっていて、ちょっと窮屈そう…。

あとは弁天様に守っていただけますように。